自然環境保全基礎調査

植物目録の作成

調査時期 成果物一覧
第3回調査
昭和59~61年度
植物目録(上)(中)(下)(昭和62年)
植物目録1987(昭和63年)
植物目録1987電子ファイル(平成6年3月修正)(zip形式 154KB)

1.調査の目的

自然環境保全基礎調査における植物に関する調査については、「植生調査」及び「特定植物群落調査」等の植物群落に着目した調査は実施されているが、植物の種レベルの調査については、「環境指標種調査(身近な生きもの調査)」等の例はあるものの、これまで本格的な取り組みがなされないできた。
動植物の種レベルの全国的な分布調査を行う場合、調査対象の明確化及び調査のための多数の専門研究者が必要となるが、特に植物の種レベルの調査の実施に当たっては以下に挙げるような障害があった。

そこで昭和59年11月、環境省が自然環境保全基礎調査に標準として使用する植物分類学的に整理した目録の作成について検討を開始した。

2.植物目録(昭和62年版)の概要調査

植物目録の作成は、自然環境保全基礎調査のもとに植物分類分科会を設置し、基本的な事項の検討、決定、ワーキンググループでの作業手順の検討、自然環境調査室での素案作成、植物分類専門家の再々の確認、加筆修正等々の作業を経て、着手後およそ3ヶ年を要して昭和62年に完成した。

<対象植物>

日本に生育する野生のシダ植物及び種子植物の全種を網羅することを目指し、分類は、種、亜種、変種、品種、亜品種まで区分した。その結果、それぞれに区分された数は以下のとおりである。

  • 種 5,565
  • 亜種 124
  • 変種 1,612
  • 品種 815
  • 亜品種 2
計 8,118

<目録の構成、内容>

本目録は上記8,118種類を検索の方法別に分類系順、学名ABC順、和名50音順の上、中、下3巻にまとめられた。いずれも科名、学名、和名を収録したものである。

PAGETOP