自然環境保全基礎調査

巨樹・巨木林調査

各データの閲覧・ダウンロード

調査時期 成果物一覧
第4回調査
昭和63年度
巨樹・巨木林調査報告書(平成2年/ 全国版)
巨樹・巨木林調査報告書(平成2年/ 概要版)
巨樹・巨木林調査報告書(平成3年/ 地方別8分冊)
自然環境情報図(1/200,000)(平成7年/ 都道府県別53面)
第6回調査
平成11,12年度
巨樹・巨木林フォローアップ調査報告書(平成13年)
巨樹・巨木林フォローアップ調査報告書(平成13年/ 概要版)
第7回調査
平成17年度~
巨樹・巨木林計測マニュアル(平成20年/ 改訂版)(pdfファイル:3.5mb)
巨樹・巨木林調査票(平成23年)(pdfファイル:100kb)

1.調査の目的

悠久の時によって育まれた巨樹・巨木林は、わが国の森林・樹木の象徴的存在であり、良好な景観の形成や野生動物の生息環境、地域のシンボルとして人々の心のよりどころとなるなど、保全すべき自然として重要である。本調査はその全国的な実態を把握することを目的に実施した。

2.調査の内容と方法

原則として地上から1.3mの高さでの幹周りが3m以上の木を調査対象とし、幹周り3m以上に育ちにくい樹種(ツバキ、マユミなど)については、3m未満でも調査対象とした。第6回基礎調査では第4回基礎調査で確認された巨木を対象に追跡調査を行い、第4回基礎調査以降新たに確認された巨木を対象に新規調査を実施した。現地調査によって以下の項目を調べた。

  1. 基礎的項目 位置、樹齢、樹種、幹周、樹高等
  2. 保護の項目 保護制度指定等
  3. 生態的項目 周囲の状況、健全度等
  4. 人文的項目 信仰、故事・伝承等

3.調査結果

第4回基礎調査では、単木、樹林、並木を合わせて、全国で55,798本の巨木の幹周が実測され報告された。巨木の周囲の状況は樹林がもっとも多く、そのうちでも、小面積ながらまとまった自然環境を保持する社叢林が巨木の生育環境として重要な役割を果していることが示された。
第6回基礎調査では、1,661市町村(回答率51%)と全国巨樹・巨木林の会会員などから回答があり、11,572本の巨木が新たに報告される一方、枯死・伐採等により失われた巨木が1,660本報告され、調査対象となった巨木は全国で64,479本となった。第6回基礎調査では、前回調査(第4回基礎調査)では報告の少なかった山岳部・離島から数多くの報告があり、エノキ(徳島県一宇村)、スダジイ(東京都御蔵島村)等の樹種で国内最大級の巨木が確認されたが、なお未発見の巨木が多数存在することも推定されている。また、前回調査(第4回基礎調査)と同様に、その所有形態、信仰等、名称等から人との関わりの中で残ってきた巨木が多いことが示された。巨樹の写真

〈調査の最新情報について〉
調査の最新情報については、こちらのページで提供している。 巨樹巨木林調査データベース公開ホームページhttp://kyoju.biodic.go.jp

全国最大級の巨木(上位10傑) H13.3現在

順位 都道府県 樹種 所在地 幹周(cm) 独特の呼称 保護制度指定 新規確認
1 鹿児島県 クスノキ 蒲生町 八幡神社 2,422 蒲生の大楠 天然記念物等(国)
2 静岡県 クスノキ 熱海市 来の宮神社 2,390 天然記念物等(国)
3 沖縄県 ガジュマル 島尻郡東風平町 2,350
4 青森県 イチョウ 西津軽郡深浦町 北金ヶ沢字塩見形 2,200 北金ヶ沢のイチョウ 天然記念物等(都道府県)
5 佐賀県 クスノキ 武雄市若松町大字 川古の大楠公園 2,100 川古の大楠 天然記念物等(国)
その他制度

5 福岡県 クスノキ 築上郡築城町 下本庄 2,100 天然記念物等(国)
7 佐賀県 クスノキ 武雄市 武雄町 大字武雄 武雄神社 2,000 武雄の大楠 天然記念物等(市町村)
その他制度

7 山形県 カツラ 最上郡最上町 2,000 権現山の大カツラ
7 福岡県 クスノキ 糟屋郡宇美町宇美 宇美八幡宮 2,000 蚊田の森 天然記念物等(国、都道府県)
10 沖縄県 ガジュマル 島尻郡東風平町 1,990

全国の樹種別巨木総数(上位10樹種)

順位 樹種 本数
第6回基礎調査(2000年) 第4回基礎調査(1988年)
1 スギ 14,869 13,681
2 ケヤキ 9,452 8,538
3 クスノキ 5,926 5,160
4 イチョウ 4,855 4,318
5 スダジイ 4,830 3,530
6 タブノキ・イヌグス 2,124 1,907
7 クロマツ・アカマツ 1,677 1,729
8 ムクノキ 1,641 1,465
9 モミ 1,605 1,364
10 エノキ 1,371 1,221

*「クロマツ・アカマツ」は比較のために1種とした。

PAGETOP