自然環境保全基礎調査

海域自然度調査

調査時期 成果物一覧
第1回調査
昭和48年度
自然環境保全調査報告書(第1回緑の国勢調査)(昭和51年)

1.調査の目的

陸水域自然度調査と同様、自然度調査の一環として実施され、全国の海岸線の物理的改変状況を把握するとともに、特に代表的な17海域については、水質や水産物の状況も加味して自然性を判定した。

2.調査の内容と方法

①海岸線の改変状況及び海岸線(陸域)土地利用状況、②水質、③生物分布についてデータを収集した。①については、全国の海岸線を1)純自然海岸、2)半自然海岸、3)人工海岸に区分し、また海岸線(陸域)を1)自然地、2)農業地、3)市街地・工業地に区分した。
更に、②、③のデータを加味して代表的な17海域について環境省が設置した小委員会で検討し、自然性を総合的に判定した。

3.調査結果

■自然性の判定を行った17海域

1 石狩後志海岸 7 相模灘 13 燧灘
2 陸奥湾 8 伊勢湾 14 宇和海
3 陸中海岸 9 富山湾 15 周防灘
4 仙台湾 10 大阪湾 16 玄海灘
5 秋田海岸 11 鳥取海岸 17 鹿児島湾
6 東京湾 12 広島湾
PAGETOP