自然環境保全基礎調査

生態系多様性地域調査

調査時期 成果物一覧
平成6年度 生態系多様性地域調査(上信越高原国立公園池の平・湯の丸地区)
生態系多様性地域調査(足摺宇和海海域)
平成6~7年度 生態系多様性地域調査(奄美諸島地区)報告書
生態系多様性地域調査(渡島半島)報告書
生態系多様性地域調査(遠音別岳原生自然環境保全地域)
生態系多様性地域調査(ルシャ・テッパンベツ)報告書
平成8~10年度 生態系多様性地域調査(白山地域)報告書(平成8年度)
生態系多様性地域調査(白山地区)報告書(平成9年度)
生態系多様性地域調査(白山地区)報告書(平成10年)
平成10~11年度 生態系多様性地域調査(対馬沿岸地域)報告書(平成10年)
対馬沿岸地域基本情報図帳
生態系多様性地域調査(対馬沿岸地域)報告書(平成11年)
対馬沿岸地域自然環境図帳
平成11~12年度 生態系多様性地域調査(乗鞍岳地域)報告書
平成12~14年度 生態系多様性地域調査(大蓮華山地域)報告書
平成13~14年度 生態系多様性地域調査(富士北麓地域)報告書
平成14~15年度 生態系多様性地域調査(湿原生態系調査)報告書-北海道 夏鳥調査-

1.調査の目的

生態系多様性地域調査は、保全すべき重要な生態系が成立している地域について、現地調査等により生態系の構成要素及びその構造を総合的に把握し、生物多様性の保全上重要な地域の保全指針を作成するうえで必要な基礎資料を得ることを目的とした。

2.調査の内容と方法

本調査においては、わが国の様々な自然条件の違いに応じて成立している生態系の中から、多くの構成要素を有する生態系(森林、草地、水辺等の多様な環境を含む生態系、多くの種を有する生態系)、固有のもしくは脅威にさらされた種を多く有する生態系、原生地域等の代表的な生態系を選定し、各地域において以下の項目について調査を行った。

(1) 生態系の構成要素の把握

(2) 生態系の構造把握

3.調査結果

■生態系多様性地域調査(奄美諸島地区)報告書

■生態系多様性地域調査(ルシャ・テッパンベツ地区)報告書

■生態系多様性地域調査(白山地域)報告書

■生態系多様性地域調査(対馬沿岸地域)報告書

■生態系多様性地域調査(乗鞍岳地域)報告書

生態系多様性地域調査( 大蓮華山地域)報告書

■生態系多様性地域調査(富士北麓地域)報告書

■生態系多様性地域調査(湿原生態系調査)報告書-北海道 夏鳥調査-

北海道の主要な湿原において湿原生態系を構成する生物のうち、夏鳥を指標種として、自然環境及び社会環境を調査を実施した。

PAGETOP