自然環境保全基礎調査

生態系総合モニタリング調査

調査時期 成果物一覧
第4回調査
平成2~6年度
生態系総合モニタリング調査報告書(平成6年)
第5回調査
平成7~12年度
生態系総合モニタリング調査報告書(平成13年)
平成13年生態系等にかかるモニタリング調査手法検討業務

1.調査の目的

人為的影響の及ぶ二次的自然環境の地域において、その地域の無機的環境と生物群集が、そこに作用する人為的影響、特に都市化(住宅地化等)によって変化して行く過程をモニタリングし、人為的影響と生態系の変化との関係を明らかにし、よって、人間活動を含む地域生態系のモニタリング手法を検討確立する事を目的とする。

2.調査の内容と方法

生態系総合モニタリング調査では、人為的影響を都市化のみに絞り、それによって地域の無機的環境と生物群集とが変化して行く過程をモニタリングした。中でも、人為的影響として特に都市化の影響が現れ易い、都市近郊の都市化が進行しつつある、或いは都市化の影響を受けていると思われる地域の内、1/25,000地形図一図幅程度の範囲(約10km×10km)を広域モニタリング地域、更に広域モニタリング 地域内の小地域(約1km×1km)を重点モニタリング地域として調査地を設定した。設定したモニタリング地域は以下に示した全国5地域である。

  • 1)北海道)苫小牧東部・ウトナイ湖
  • 2)埼玉県)鎌北湖・毛呂山周辺
  • 3)静岡県)日本平周辺
  • 4)兵庫県)相生市北部
  • 5)沖縄県)名護市周辺

3.調査結果

広域モニタリング地域においては、植生・植物相・動物相・猛禽類・中大型哺乳類の出現種数等、土地利用状況、大規模開発の状況、人口の推移、法律指定状況、森林の連続性のそれぞれの項目についての結果が得られた。
一方、重要モニタリング地域においては、植生、土壌、土壌生物、鳥類、昆虫、景観構成要素、生物生息分布のそれぞれの項目についての結果が得られた。

PAGETOP