自然環境保全基礎調査

海岸調査

各データの閲覧・ダウンロード

調査時期 成果物一覧
第2回調査
昭和53年度
海域調査報告書(海岸調査、海域環境調査、干潟・藻場・サンゴ礁分布調査)(昭和56年/ 全国版)
第3回調査
昭和59~61年度
海岸調査(昭和60年)
自然環境情報図(1/200,000)(平成元年/ 都道府県別53面)
第4回調査
平成9・10年度
海岸調査報告書(平成6年/ 全国版)
自然環境情報図(1/200,000)(平成7年/ 都道府県別53面)

1.調査の目的

周囲を海に囲まれた我が国は、狭小な国土面積の割には海岸線が長く、砂浜や磯、干潟、大小の島から成る出入りの多い変化に富んだものである。しかし、都市の膨張や産業の発達に伴って、海岸線の人工化は進む一方である。海岸線の改変はある程度は避け難いものではあるが、大規模な土木工事が伴うものだけに慎重な対応が求められる。
そこで本調査では、海岸(汀線)及び海岸陸域の自然状態を調査し、海岸域を適切に開発し保全して行く為の基礎資料としての現況把握を目的に実施されている。

2.調査の内容と方法

調査対象となった海岸線は、「全国海岸域現況調査」(建設省、昭和50年度)の「海岸区分計測図」に表示されている海岸線で、短径100m以上の島を含む全国の海岸線を対象としたものである(但し、北方領土を含まない)。該当する都道府県は全国で39都道府県であった。
第2回基礎調査においては、上記海岸線(汀線)の自然状態について、海岸を「自然海岸」、「半自然海岸」、「人工海岸」、「河口」に区分し、また、海岸陸域(汀線から陸側100mの部分)を「自然地」、「農業地」、「市街地・工業地・他」、「河口部」に区分した。
また、第3回基礎調査では、第2回基礎調査結果を基に海岸(汀線)のその後の変化状況を把握した。第4回基礎調査においても同様に、第3回基礎調査の結果を踏まえて変化状況を調査した。

3.調査結果

第4回基礎調査の結果では、海岸線の総延長は、第3回基礎調査結果(昭和59年度)に比べ約300km増加した事が明らかとなった。この海岸線の増加は、主として埋め立てによって新しい海岸線(汀線)ができた事による。
また、海岸(汀線)の区分別延長を第3回基礎調査結果と比較すると、自然海岸の延長が約300kmの減であり、一方人工海岸の延長は約650kmの増となっていた。なお、第2回調査から第3回調査の経年変化を見ると、自然海岸の減少が約570 kmであり、第3回調査から第4回調査ではその減少が鈍化傾向にあった。

PAGETOP