自然環境保全基礎調査

陸水域自然度調査

調査時期 成果物一覧
第1回調査
昭和48年度
自然環境保全調査報告書(第1回緑の国勢調査)(昭和51年)

1.調査の目的

陸域を対象に行われた「植生自然度調査」と同様、自然度調査の一環として実施され、陸水域(湖沼、河川)を対象に自然性を判定した。

2.調査の内容と方法

湖沼については全国の代表的な67湖沼を選定し、①湖沼概要、②受水区域概要、③湖岸線の利用・改変状況、④水質等の理化学的性状、⑤生物分布、についてデータを収集した。
また、河川については全国51河川につき、①河川概要、②水質等の理化学的性状、③生物分布、についてデータを収集した。
これらのデータを環境省が設置した小委員会で検討し、自然性を判定した。

3.調査結果

湖沼については、調査対象となった67湖沼のうち、全体的にみて本来の自然性を保っているものは5湖沼に過ぎず、その他の62湖沼は人為的な改変や水質汚濁が進んでいる事が判明した。
河川については、調査対象となった51河川のうち、全体的に見て本来の自然性を保っているものは4河川に過ぎず、その他の47河川では人為的な改変や水質汚濁が進んでいる事が判明した。

5.関連事業・調査

PAGETOP