生物多様性センター
自然環境調査一覧
自然環境調査Web-GIS
いきものログ
生物多様性センターのご案内
生物多様性情報システム J-IBIS
各種情報
生物多様性とは

自然環境保全基礎調査

総合とりまとめ 総合とりまとめ
植物 植生調査 |  特定植物群落調査 | 巨樹・巨木林調査 | 植物目録の作成
動物 動物分布調査 | 動植物分布調査 | 動物分布図集 | 身近な生きもの調査 | 過去における鳥獣分布調査 | 哺乳類の分布調査 | 特定哺乳類生息状況調査 | 両生類・爬虫類の分布調査 | 昆虫類の分布調査 | 鳥類の分布調査
地形地質 表土改変状況調査 | 自然景観資源調査
すぐれた自然調査 すぐれた自然調査
河川湖沼 陸水域自然度調査 | 河川調査 | 湖沼調査 | 湿地調査 | 陸生及び淡水貝類の分布調査 | 淡水魚類の分布調査
海域 海域自然度調査 | すぐれた自然調査 | 海岸調査 | 藻場調査 | 干潟調査 | サンゴ礁 | 海域生物調査 | 海域環境調査 | 海の生きもの調査 | 海辺調査 | 海棲動物調査 | 沿岸調査
生態系 環境寄与度調査 | 生態系総合モニタリング調査 | 生態系多様性地域調査
種の多様性調査
遺伝子 遺伝的多様性調査

気候変動適応計画推進のための浅海域生態系現況把握調査

各データの閲覧・ダウンロード

調査時期 成果物一覧
平成29年度 気候変動適応計画推進のための浅海域生態系現況把握調査 報告書
サンゴ礁分布図(1/10万)(全体図)
サンゴ礁分布図(1/10万) (優占サンゴ種入り)
サンゴ礁分布図(1/10万) (調査地点入り)
サンゴ礁分布図(1/25,000)(区域ごと)

☆関連調査:海辺調査(第5回調査)

(本ページの見方とPDF形式)
PDFファイルをご覧になるためにはAcrobat Readerが必要です。 Acrobat Readerをお持ちでない方は、または、バージョンのダウンロードはこちらのサイトをご覧になり必要なファイルをインストールしてください。(無料)

1.調査の目的

 本調査は、気候変動の影響を受けやすいことから近年、海水温の上昇等に伴う白化現象の発生によって現況が著しく変化し、環境影響評価等においても最新情報の取得が必要となっているサンゴ礁生態系を対象とした調査を実施し、分布等の現況を把握することを目的としている。                     
 平成29年度より5か年の予定で、国内の主要なサンゴ礁の分布図を作成することとしている。

2.調査の内容と方法

①衛星画像等による現況把握

サンゴ礁の分布状況及びサンゴ被度を判読するために最適な分解能等を有した衛星画像を取得し、解析を行う。

②現地調査による確認・補完

①で行った解析結果に基づき、現地調査を実施することで、解析内容の確認及び補完を行う(シートゥルースの取得を含む)。                       

③分布図の作成

①及び②で得た情報のほか、当省が行っている他調査(モニタリングサイト1000など)の調査結果や専門家からのヒアリングも踏まえ、サンゴ礁分布図を作成する。                       
 なお、本分布図は過去に自然環境保全基礎調査で作成した分布図と比較して、分布域の変化を把握できるようにしている。                 

PAGETOP