国際関係

生物多様性条約締約国会議や関連国際イベントにおける我が国の取り組みを中心に紹介します。生物多様性条約に関する国際的動きも必要に応じ参照下さい。

ポスト2020生物多様性枠組及びその実施支援

2021年10月に開催された生物多様性条約第15回締約国会議COP15第一部で、日本は、約10億円の追加拠出を行い、生物多様性日本基金第2期(JBF2)を中心に総額18億円規模で、ポスト2020生物多様性枠組の実施の国際支援を開始することを表明しました。

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)

2010年10月18日~29日に開催された生物多様性条約第10回締約国会議では、179の締約国、関連国際機関、NGO等から13,000人以上が参加。会議においては、ABSに関する名古屋議定書と、2011年以降の新戦略計画が採択され、高く評価されました。

神戸生物多様性国際対話

生物多様性条約第10回締約国会議の1年前、民間企業やNGO、研究者、政府、国際機関を含む様々な関係者間の情報交換や対話、議論、協力を促進するため、「神戸生物多様性国際対話」が開催されました。

国連生物多様性の10年×MISIAプロジェクト

2010年3月2日、国際連合より生物多様性条約第10回締約国会議名誉大使に任命されたMISIAさんの 『生物多様性×MISIAプロジェクト』 です。MISIAさんの活動等を報告します。

COP10×2010国際生物多様性年

2010年は生物多様性にとって大切な年でした。国連が定めた国際生物多様性年であり、10月には、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が愛知県名古屋市で開催されました。また、国連からCOP10名誉大使に女性アーティストのMISIAさんが任命され、生物多様性について、ご活躍いただきました。

生物多様性条約国別報告書

生物多様性条約第26条において締約国は条約の実施状況について国別報告書を提出することが求められています。日本の生物多様性の現状、取り組み状況、目標などを取りまとめた報告書です。

円卓会議

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)及びカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)にむけた行政機関、NGO・NPO、企業、研究者及び国際機関等の各部門間の情報の共有、意見交換及び連携を促進し、COP10及びMOP5の円滑かつ効果的な開催に資することを目的とした会議内容です。

環境大臣等によるメッセージ

国際生物多様性の日(5月22日)に寄せた山口大臣のビデオメッセージ(2022年5月22日)

2022年 国際生物多様性の日「Building a shared future for all life~すべてのいのちと共にある未来へ!~」

生物多様性条約第15回締約国会議COP15 第一部(2021年10月12日)

リーダーによる自然への誓約 ~Leaders' Pledge for Nature~(2020年9月)

国連生物多様性サミット(2020年9月30日)

Nature for Lifeイベント「自然を基盤とする地球のセーフティーネットの創造」(2020年9月28日)

中国主催閣僚級ラウンドテーブル「2020年以降の生物多様性:地球上のあらゆる生命に共有された未来の構築」(2020年9月24日)

国際生物多様性の日(5月22日)に寄せた小泉大臣のビデオメッセージ(2020年5月22日)

2020年 国際生物多様性の日「Our solutions are in nature~解決の鍵は 自然の中に~」

PDFファイルの閲覧、プリントなどを行うには最新のAdobe Readerをダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

ページトップへ戻る