HOME   | サイトマップ   |
湖沼(ガンカモ類)・湿原
生態系「湖沼・湿原」



生態系「湖沼・湿原」

 湖沼や湿原は様々な個性的な環境を形成し、多くの生物種・群集が生活する場としてきわめて多様性が高くなっています。湿原は、植物群落の種類組成や泥炭の構成植物等から、低層湿原、中間湿原、高層湿原に区分され、低層湿原は北海道から沖縄まで広い範囲に分布し、中間湿原及び高層湿原は、屋久島を南限としてわが国の冷温帯に分布しています。特に高層湿原は氷河期の遺存種等の生息・生育環境として重要な場となっています。

 湖沼・湿原の生態系は、周辺域の開発・利用、それらによる水質汚染、河川・湖岸改修や工作物の設置等に伴い大きな影響を受けてきました。湖沼・湿原は、人為的影響を受けやすい脆弱な生態系であることから、直接的な改変や水質汚染等の圧迫を強く受け、移入種の侵入や乾燥化の進行によって劣化しつつあるものも多くなっています。

 モニタリングサイト1000では、全国10ヶ所の湖沼で底生動物調査、水生植物調査、淡水魚類調査などを実施し、全国7ヶ所の湿原で植生調査などを実施しているほか、全国80ヶ所の地点でガンカモ類の個体数カウント調査を実施しています。

調査項目と内容「湖沼」
底生動物調査
底生動物調査サイト図
底生動物調査写真1
底生動物写真2

 湖沼の底生動物調査では、十分な水深があり、表層と下層の水が季節的に入れ替わる「鉛直循環」をする湖で、湖盆中央部の湖底から底泥を採取し、泥中の底生動物を調べています。
 湖沼に生息する底生動物の多くは浮遊生活期がなく、一生を限られた場所で過ごすため、生息環境の変化にきわめて敏感です。また、湖の最深部は、湖沼の栄養状態や地球温暖化による影響を強く受ける場所です。そのため、湖底の泥の状態や底生動物相をモニタリングすることで、これらの環境変動が湖沼生態系に与える影響の一端を明らかにすることができます。

 これまで阿寒湖、木崎湖、琵琶湖、池田湖、支笏湖サイトで調査を行ってきました。平成27年度は摩周湖で調査を実施しています。

 ※底生動物調査マニュアルはこちら



底生動物調査の最新速報
猪苗代湖サイト(福島県)  



【調査速報】
▼平成21年度  ▼平成25年度
▼平成22年度  ▼平成26年度
▼平成23年度  ▼平成27年度
▼平成24年度  ▼平成28年度


【報告書】
▼2009-2013年度とりまとめ報告書
▼平成25年度陸水域調査報告書
▼平成26年度陸水域調査報告書
▼平成27年度陸水域調査報告書
▼平成28年度陸水域調査報告書

※その他過去の報告書はこちら


【データファイル】
▼湖沼:底生動物調査データ
底生動物写真3
底生動物写真4

 

※湖沼の「プランクトン調査」及び「湖辺植生調査」は平成25年度で終了しました。
 旧調査項目と内容についてはこちら

 平成27年度からは、新たに「水生植物調査」及び「淡水魚類調査」を開始しています。
 詳しくはこちら

調査項目と内容 「湿原」
1.湿原植生調査
湿原植生調査サイト図
湿原植生調査写真1
湿原植生調査写真2

 植物は生産者として湿原生態系の基盤を形成し、その変化は湿原に生息する数多くの生物に大きな影響 を及ぼします。そこで湿原調査では、サイト毎の植物群落の種構成を把握し、長期的な生物多様性の変化を捉えることを目的に、ライントランセクト調査(湿原に線を引き、その線上の決められた地点に生育する植物種を記録する調査を行っています。
 ライントランセクト調査では、湿原の典型的な植生タイプを横断するように調査ラインを配置し、調査ラインに沿って1 m × 1 mの永久方形枠を20~30個設置し、草本層とコケ層を対象として、方形枠ごとに全体の植被率、出現種ごとの被度、コドラート全体の植物の草高を目視で記録しています。また、出現種ごとのブラウン-ブランケの優占度と群度も記録しています。

 調査は各サイト3年に1回のサイクルで行っており、平成27年度は、上川浮島湿原、戦場ヶ原湿原、鯉ヶ窪湿原サイトで調査を実施しています。

 ※湿原植生調査マニュアルは<こちら






【調査速報】
▼平成21年度  ▼平成25年度
▼平成22年度  ▼平成26年度
▼平成23年度  ▼平成27年度
▼平成24年度  ▼平成28年度


【報告書】
▼2009-2013年度とりまとめ報告書
▼平成25年度陸水域調査報告書
▼平成26年度陸水域調査報告書
▼平成27年度陸水域調査報告書
▼平成28年度陸水域調査報告書

※その他過去の報告書はこちら


植生調査写真3
植生調査写真4
2.物理環境調査

 
 植物の生育に重要な温度・地下水位などの物理環境の観測を植生調査に併せて実施しています。

 湿原環境の状態を把握するため、気温(1 m高)、地温(-5 cm深、-50 cm深)、水位(水圧と大気圧からの換算値)の連続観測を行っています。

物理環境調査
調査項目と内容 <ガンカモ類>
1.渡り期と越冬期の個体数調査

 ハクチョウ、ガン、カモ、カイツブリ、バンの仲間を対象種として、秋と春の渡り時期及び、冬の越冬時期に個体数のカウントを行っています。

【調査速報】
▼2009/10 年 集計速報
▼2010/11 年 集計速報
▼2011/12 年 集計速報
▼2012/13 年 集計速報
▼2013/14 年 集計速報
▼2015/16 年 集計速報

【報告書】
▼ガンカモ類調査第1期とりまとめ報告書
▼ガンカモ類調査第2期とりまとめ報告書

【データファイル】
▼ガンカモ類調査データ

ガンカモ類調査写真調査項目と内容 <ガンカモ類>1.個体数カウント調査
2.ハクチョウ類の成鳥幼鳥比調査

 個体数調査と同じ時期に、オオハクチョウとコハクチョウの成鳥と幼鳥それぞれの個体数をカウントしています。全数をカウントできない場合は、カウント可能なサイズの群をカウントしています。

3.気象・周辺環境の変化

 ガンカモ類の生息を左右する気象(天候、積雪、水面の凍結状況)、周辺環境の変化等について記録しています。

 各調査項目の詳しい調査方法については、モニタリングサイト1000調査マニュアルのウェブページに掲載されている湖沼調査マニュアル湿原調査マニュアル及びガンカモ類調査マニュアルをご参照ください。

調査結果へのリンク
■報告書
■データファイル
■速報
環境省生物多様性センター
〒 403-0005 山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1
Tel:0555-72-6033
mot@biodic.go.jp
All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment. Powered by POOSNET