HOME   | サイトマップ   |
データファイル「アマモ場調査データ」
 このページでは、「モニタリングサイト1000沿岸域調査(アマモ場調査)」における調査の結果(データ)を公開しています。
アマモ場調査とは
 「モニタリングサイト 1000 沿岸域調査」のうち、海草が生育するアマモ場で実施されている調査です。全国に計6ヶ所の調査サイトを設定しており、継続して年度ごとに実施する「毎年調査」と、5年に1度実施する「5 年毎調査」があります。
○毎年調査
 全国 6 ヶ所の調査サイトに設定された各サイト 6~13 ヶ所の調査地点において、個々に 20 個の方形枠をランダムに置き、方形枠内に出現した海草類の合計被度とそれぞれの海草の被度を記録する「生物定量調査」を実施しています。
○5年毎調査
 主に海草類や底生生物の生物量を調べるための調査を実施しています。
毎年調査に基づき、各サイトで優占する海草別に調査帯(植生帯)を設けています。各調査帯では出現する海草類を定量的に採集し、乾燥重量等を測定する「生物量調査」を実施するとともに、底土と底生生物も定量的に採集しています。 採集した底土は「粒度分析」を実施し、底生生物は「同定及び個体数を計数後、標本を作成」しています。さらに、各サイトで確認された「海草類の標本を作成」しています。
 「5年毎調査」は、干潟、磯、アマモ場、藻場調査の順に平成20年度から順次実施しており、アマモ場調査では、平成22年度および平成27年度に実施されています。

 ※調査方法の詳細については、モニタリングマニュアル(磯・干潟・アマモ場・藻場)をご参照ください。
現在公開中のデータ
【毎年調査】
①方形枠内の海草類の合計被度と海草別の被度及びそれに付随するデータ(海草被度調査)
【5年毎調査】
②海草種毎のシュート数と乾燥重量及びそれに付随するデータ(海草バイオマス)
③底質粒度とそれに付随するデータ(底質粒度)
④海草押し葉標本に関するデータ(押し葉標本)

その他のデータについては、準備が整い次第、順次公開する予定です。
データを利用するには
 本データを利用される場合は、必ず以下の「データの利用方法」及び「モニタリングサイト1000沿岸域調査(アマモ場調査)調査データの概要と利用上の注意点」をお読みいただき、これらに書かれている利用方法や注意点等にご留意の上、ダウンロードしてください。
 データの利用方法

 沿岸域調査(アマモ場調査)調査データの概要と利用上の注意点〔PDF:467KB〕

 沿岸域調査(アマモ場調査)データ更新履歴〔XLS:83KB〕

 沿岸域調査(アマモ場調査)調査者データベース(2009-2016年度)〔XLS:24KB〕
ダウンロードできるデータファイルのイメージ
【例】方形枠内の海草類の合計被度と海草別の被度及びそれに付随するデータ (海草被度調査)
ダウンロードできるデータファイルのイメージ【毎年調査】
環境省生物多様性センター
〒 403-0005 山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1
Tel:0555-72-6033
biodic_webmaster  @  env.go.jp
All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment. Powered by POOSNET