バイオセーフティクリアリングハウス

   解説ページはここをクリック↓
 ご存知ですか?カルタヘナ法
バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の概要や全文、その他議定書に関連した情報がご覧になれます。
カルタヘナ議定書の国内担保法である「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」の条文など国内法制度に関連した情報がご覧になれます。
カルタヘナ法に基づいて承認されたLMOについて、その第一種使用規程、評価の概要などの情報がご覧いただけます。
カルタヘナ法に基づき承認されたLMOを検索することができます。
第一種使用規程承認についてのパブリックコメントの募集及びその結果をご覧いただけます。
研究開発、医薬品、農林水産の各分野におけるLMOに関する情報をご覧いただけます。
ナタネ調査・研究に関する情報をご覧いただけます。
OECDコンセンサス文章をご覧いただけます。
 
カルタヘナ法に基づく第一種使用規程の承認又は拡散防止措置の確認の申請を行うに当たって必要な情報をご覧いただけます。
議定書及びカルタヘナ法を担当する各省の連絡先
リンク
ホーム
 
 
 
 
OECDコンセンサス文章

◆OECDコンセンサス文章◆
(バイオテクノロジーにおける規制的監督の調和シリーズ)
OECD(経済協力開発機構)による、バイオセーフティに関する参考文書です。原本は英語で、ここに掲載したものは日本の読者の便に供するため日本語に翻訳したものであり、引用を行う場合は、原本から直接引用してください。
原本はOECDのページをご覧ください。
 
○コンセンサス文書について
No.32 バイオテクノロジーにおける調和に関するOECDワーキンググループのバイオセーフティコンセンサス文書序論
No.35 栽培作物の生物学に関するコンセンサス文書のための考慮すべき事項
 
○遺伝子組換え植物の国際的な識別記号について
No.23 2006年改訂:遺伝子組換え植物の識別記号の指定に関するOECDガイダンス
 
○個別の作物や導入形質について
No.10 除草剤グリホサートに耐性をもたらす遺伝子とその酵素に関する一般的な情報についてのコンセンサス文書
No.11 ホスフィノスリシン除草剤に耐性をもたらす遺伝子とその酵素に関する一般的な情報についてのコンセンサス文書
No.25 ホスフィノスリシン(第U部): グルホシネートアンモニウム(ホスフィノスリシン)耐性遺伝子組換え植物における除草剤の生化学、除草剤の代謝および残留物
No.14 Oryza sativa L.(イネ)の生物学に関するコンセンサス文書(OECDのページへ)
No.15 Glycine Max (L.) Merr.(ダイズ)の生物学に関するコンセンサス文書
No.27 Zea mays subsp. mays(トウモロコシ)の生物学に関するコンセンサス文書(OECDのページへ)