バイオセーフティクリアリングハウス

   解説ページはここをクリック↓
 ご存知ですか?カルタヘナ法
バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の概要や全文、その他議定書に関連した情報がご覧になれます。
カルタヘナ議定書の国内担保法である「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」の条文など国内法制度に関連した情報がご覧になれます。
カルタヘナ法に基づいて承認されたLMOについて、その第一種使用規程、評価の概要などの情報がご覧いただけます。
カルタヘナ法に基づき承認されたLMOを検索することができます。
第一種使用規程承認についてのパブリックコメントの募集及びその結果をご覧いただけます。
研究開発、医薬品、農林水産の各分野におけるLMOに関する情報をご覧いただけます。
ナタネ調査・研究に関する情報をご覧いただけます。
ゲノム編集関連情報
OECDコンセンサス文章をご覧いただけます。
 
カルタヘナ法に基づく第一種使用規程の承認又は拡散防止措置の確認の申請を行うに当たって必要な情報をご覧いただけます。
議定書及びカルタヘナ法を担当する各省の連絡先
リンク
ホーム
 
 
 
 
◎意見募集実施済み案件

第46回(意見募集期間:平成23年2月15日〜平成23年3月16日)
遺伝子組換え生物等の種類の名称 第一種使用等の内容 申請書等の概要 専門の学識経験者の意見 意見募集の実施結果 承認日
除草剤グリホサート耐性セイヨウナタネ( gat4621, Brassica napus L.)(61061, OECD UI: DP-61061-7) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
除草剤グリホサート耐性セイヨウナタネ( gat4621,Brassica napus L.)(73496, OECD UI: DP-73496-4) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日

第45回(意見募集期間:平成23年1月31日〜平成23年3月1日)
遺伝子組換え生物等の種類の名称 第一種使用等の内容 申請書等の概要 専門の学識経験者の意見 意見募集の実施結果 承認日
青紫色及び除草剤クロロスルフロン耐性カーネーション ( F3’5’H,DFR,dsDFR,surB,Dianthus caryophyllus L.) (25958, OECD UI: IFD-25958-3) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
青紫色及び除草剤クロロスルフロン耐性カーネーション ( F3’5’H,Cyt b5, surB,Dianthus caryophyllus L.) (26407, OECD UI: IFD-26407-2) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
高オレイン酸含有並びに除草剤アセト乳酸合成酵素阻害剤及びグリホサート耐性ダイズ ( gm-fad2-1, gm-hra, 改変 cp4 epsps, Glycine max (L.) Merr.) (305423×40-3-2, OECD UI: DP-305423-1×MON-04032-6) 食用又は飼料用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成24年3月26日
チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤グルホシネート及びグリホサート耐性トウモロコシ (改変 cry1Ab , 改変 vip3A, cry1F, pat , mEPSPS ,Zea mays subsp. mays (L.) Iltis) (Bt11 × MIR162 ×B.t.Cry1F maize line 1507×GA21, OECD UI:SYN-BT011-1×SYN-IR162-4×DAS-01507-1×MON-00021-9) (Bt11, MIR162,B.t. Cry1F maize line 1507 及びGA21 それぞれへの導入遺伝子の組合せを有するものであって当該トウモロコシから分離した後代系統のもの(既に第一種使用規程の承認を受けたものを除く。)を含む。) 食用又は飼料用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
チョウ目及びコウチュウ目害虫抵抗性並びに除草剤グルホシネート及びグリホサート耐性トウモロコシ(改変 cry1F, cry1Ab, cry34Ab1, cry35Ab1, pat, 改変 cp4 epsps, Zea mays subsp. mays (L.) Iltis) (1507×59122×MON810×NK603, OECD UI: DAS-01507-1×DAS-59122-7×MON-00810-6×MON-00603-6)( B.t. Cry1F maize line 1507、 B.t. Cry34/35Ab1 Event DAS-59122-7、MON810及びNK603それぞれへの導入遺伝子の組合せを有するものであって当該トウモロコシから分離した後代系統のもの(既に第一種使用規程の承認を受けたものを除く。)を含む。 食用又は飼料用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤グルホシネート及びグリホサート耐性トウモロコシ(改変 cry1F, cry1Ab, pat, 改変 cp4 epsps, Zea mays subsp. mays (L.) Iltis) (1507×MON810×NK603, OECD UI: DAS-01507-1×MON-00810-6×MON-00603-6) ( B.t. Cry1F maize line 1507、MON810及びNK603それぞれへの導入遺伝子の組合せを有するものであって当該トウモロコシから分離した後代系統のもの(既に第一種使用規程の承認を受けたものを除く。)を含む。) 食用又は飼料用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
除草剤グリホサート及びグルホシネート耐性並びにチョウ目害虫抵抗性ワタ( 2mepsps, 改変 bar, 改変 cry1Ac, 改変 cry2Ab, Gossypium hirsutum L.)(GHB614×LLCotton25×15985,OECD UI: BCS-GH002-5×ACS-GH001-3×MON-15985-7)(GHB614、LLCotton25及び15985 それぞれへの導入遺伝子の組合せを有するものであって当該ワタから分離した後代系統のもの(既に第一種使用規程の承認を受けたものを除く。)を含む。) 食用又は飼料用に供するための使用、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
第44回(意見募集期間:平成22年12月24日〜平成23年1月22日)
遺伝子組換え生物等の種類の名称 第一種使用等の内容 申請書等の概要 専門の学識経験者の意見 意見募集の実施結果 承認日
除草剤グリホサート及びイソキサフルトール耐性ダイズ( 2mepsps, 改変 hppd, Glycine max (L.) Merr.)(FG72,OECD UI: MST-FG072-3) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年4月13日
イミダゾリノン系除草剤耐性ダイズ(改変 csr1-2, Glycine max (L.)Merr.)(CV127, OECD UI: BPS-CV127-9) 食用又は飼料用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成25年3月27日
第43回(意見募集期間:平成22年8月10日〜平成22年9月8日)
遺伝子組換え生物等の種類の名称 第一種使用等の内容 申請書等の概要 専門の学識経験者の意見 意見募集の実施結果 承認日
除草剤アリルオキシアルカノエート系及びグルホシネート耐性ダイズ(改変 aad-12, pat, Glycine max (L.) Merr.)(DAS21606, OECD UI:DAS-21606-3) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成22年11月1日
第42回(意見募集期間:平成22年4月19日〜平成22年5月19日)
遺伝子組換え生物等の種類の名称 第一種使用等の内容 申請書等の概要 専門の学識経験者の意見 意見募集の実施結果 承認日
除草剤ジカンバ耐性ダイズ(改変 dmo, Glycine max (L.) Merr.)(MON87708, OECD UI : MON-87708-9) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成22年6月11日
除草剤グリホサート誘発性雄性不稔及び除草剤グリホサート耐性トウモロコシ(改変 cp4 epsps, Zea mays subsp. mays (L.) Iltis)(MON87427, OECD UI: MON-87427-7) 隔離ほ場における栽培、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成22年6月11日
パパイヤリングスポットウイルス抵抗性パパイヤ(改変 PRSV CP, uidA, nptII, Carica papaya L.)(55-1, OECD UI: CUH-CP551-8) 食用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成23年12月1日
チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤グルホシネート及びグリホサート耐性トウモロコシ( cry1A.105, 改変 cry2Ab2, cry1F, pat, 改変 cp4 epsps, Zea mays subsp. mays (L.) Iltis)(MON89034× B.t. maize line 1507× NK603, OECD UI: MON-89034-3×DAS-01507-1× MON-00603-6) (MON89034, B.t. Cry1F maize line 1507 及びNK603 それぞれへの導入遺伝子の組合せを有するものであって当該トウモロコシから分離した後代系統のもの(既に第一種使用規程の承認を受けたものを除く。)を含む。) 食用又は飼料用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為 平成22年7月16日