生物多様性センター

自然環境保全基礎調査マスタープラン

自然環境保全基礎調査マスタープランの策定について

 環境省では、昭和48年度より我が国の自然環境の概況の変化を把握するために、自然環境保全基礎調査(以下、「基礎調査」という。)を実施してきた。これらの調査結果は自然環境保全施策や環境影響評価等に活用されてきた。
 一方で、基礎調査開始から約50年を経て我が国の社会構造は大きく変化しており、基礎調査に求められる役割や調査内容等も大きく変化してきた。このため、次の50年を見据え、自然環境に関する科学的な基盤情報を継続的に収集しつつ、 今後の社会情勢やニーズの変化に対応した調査計画を検討・作成する必要がある。また、この50年間の基礎調査の成果を他の自然環境調査結果等とあわせて総合的に解析し、日本全体の自然環境の現状やその 変化状況・傾向をデータに基づき視覚的にわかりやすく、体系的に取りまとめることにより、わが国の自然環境や社会が直面している様々な課題の同時解決を図るために必要とされる科学的根拠に基づく政策立案への貢献など、成果の更なる利活用を推進する必要がある。
 令和3(2021)年度現在、環境省生物多様性センターでは、今後の実施方針・調査計画等をとりまとめた基礎調査マスタープラン(以下、「マスタープラン」という。)、及び過去の基礎調査の成果等を用いた総合解析の方針を検討している。

自然環境保全基礎調査に係る基本方針検討会

 マスタープランの策定 及び、これまでの基礎調査の成果を活用した総合解析の方針の検討等を行うため、学識経験者等で構成する『自然環境保全基礎調査に係る基本方針検討会』を令和3年8月に設置し、検討を行っている。
 また、上記について具体的な検討を進めるため、検討会の下に『自然環境保全基礎調査マスタープラン検討部会』(計画部会)及び『総合解析方針検討部会』(解析方針部会)を設置している。

これまでに実施した検討会(及び部会)の資料及び議事概要は以下のとおり。

■ 第1回解析方針部会(令和3年9月29日)資料
議事概要
・配布資料一覧(PDFファイル)
議事次第
出席者名簿
資料1 総合解析方針検討部会の目的と今後のスケジュール
資料2 総合解析テーマについて
資料2 総合解析テーマについて(別表)
参考資料1 第1回自然環境保全基礎調査に係る基本方針検討会での解析方針部会に関する主なご意見と対処方針
参考資料2 第1回 自然環境保全基礎調査に係る基本方針検討会議事概要
参考資料3 総合解析方針の基本的考え方
参考資料4 自然環境保全基礎調査の背景
参考資料5「令和2年度 自然環境保全基礎調査マスタープラン(仮称)等検討業務」において実施した簡易解析の概要
参考資料6 30by30基本コンセプト

■ 第1回検討会(令和3年8月5日)資料
議事概要
・配布資料一覧(PDFファイル)
議事次第
出席者名簿
自然環境保全基礎調査に係る基本方針検討会設置要領
第1回 自然環境保全基礎調査に係る基本方針検討会の目的と主な論点
資料1-1 検討の主旨及びロードマップ
資料1-2 検討の進め方について
資料2-1 自然環境保全基礎調査の現状と課題
資料2-2 本検討のアウトカムイメージ
資料3 次期自然環境保全基礎調査のあり方
資料4 総合解析方針の基本的考え方
参考資料1 次期生物多様性国家戦略の検討プロセス
参考資料2 令和2年度専門家ヒアリング概要
参考資料3 環境政策の最近の流れについて