COP10に至るまでの生物多様性条約に関する国際的動き

生物多様性条約発効までの流れ

流れ
1992 6月 リオ・デ・ジャネイロ国連環境開発会議(地球サミット)で 「気候変動枠組条約」とともに署名開始
1993 5月 日本が条約を締結
1993 12月 生物多様性条約発効

締約国会議と、その他の国際的動き

開催場所名 関連資料 国際的な動き
1994 第1回締約国会議 COP1
バハマ・ナッソー
   
1995 第2回締約国会議 COP2
インドネシア・ジャカルタ
   
1996 第3回締約国会議 COP3
アルゼンチン・ブエノスアイレス
 
1998 第4回締約国会議 COP4
スロバキア・ブラチスラバ
2000 第5回締約国会議 COP5
ケニア・ナイロビ
2002 第6回締約国会議 COP6
オランダ・ハーグ
2004 第7回締約国会議 COP7
マレーシア・クアラルンプール
 
2005     ミレニアム生態系評価(MA)
2006 第8回締約国会議 COP8
ブラジル・クリチバ
 
2008 第9回締約国会議 COP9
ドイツ・ボン
 
2010 第10回締約国会議 COP10
日本・名古屋
 
2012 第11回締約国会議 COP11
インド・ハイデラバード
 
2014 第12回締約国会議(COP12)
韓国・ピョンチャン
 

PDFファイルの閲覧、プリントなどを行うには最新のAdobe Readerをダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

ページトップへ戻る