ページの先頭


生物多様性 -Biodiversity-

生物多様性の恵み、そして進行する危機の状況について考えてみましょう

もっと詳しく
国連生物多様性の10年日本委員会

多様なセクターが連携しながら「生物多様性」に関わるさまざまなプロジェクトを推進します

もっと詳しく
地域連携促進法 HOME > 地域連携保全活動計画について >  松山市
活動が実施されている市町村(地域名)
 松山市
活動の背景
 松山市北部に位置する北条地域には、瀬戸内海国立公園に指定されている鹿島や高縄山系を中心に海、川、里地里山里島など多様な生態系が存在します。地域住民や市民活動団体による生物多様性の保全に関する取り組みや活動に対する気運の高まりを活かし、他の地域へと波及させて、豊かな自然に恵まれた環境を未来へつなげていけるよう地域生物多様性保全活動計画の策定について検討を開始しました。
活動計画の概要
 北条地域の自然環境について、鹿島では県の天然記念物で自然植生に影響を与えるシカとの共存、高縄山系では生き物の宝庫である自然の活用など、地域の特性を踏まえて、多様な主体が連携できる仕組みや生物多様性の普及啓発などを検討しています。
活動の特徴
 生物多様性の保全の取り組みと地域の新たな魅力を創出する土壌づくり
地域連携保全活動計画
計画の名称計画策定日計画に関するウェブサイト
 松山市北条地域生物多様性地域連携保全活動計画
 平成27年9月
参画している主体
 NPO・NGO等、地域住民、専門家、行政
組織している協議会
 松山市地域連携保全活動推進協議会
活動の分類
  • 野生動植物の生息・生育場の保全保護
  • 生態系の状況を把握するための調査・研究
  • 環境教育、環境啓発活動、エコツーリズム
活動の場所
 高山、森(原生林)、森(二次林)、その他
参考写真
    
写真の提供:松山市