ページの先頭


生物多様性 -Biodiversity-

生物多様性の恵み、そして進行する危機の状況について考えてみましょう

もっと詳しく
国連生物多様性の10年日本委員会

多様なセクターが連携しながら「生物多様性」に関わるさまざまなプロジェクトを推進します

もっと詳しく
地域連携促進法 HOME > 地域連携保全活動計画について >  神戸市
活動が実施されている市町村(地域名)
 神戸市
活動の背景
 神戸市北区山田町は市内有数の田園風景を有しており、希少種であるオカオグルマ(神戸版レッドリストBランク)やカスミサンショウウオ(同Bランク)などが生息する豊かな地域です。一方、農業従業者の高齢化により、耕作が困難となっている山間の棚田も存在し、田園風景の維持や希少な動植物の生育・保全に向けた取り組みが急務になっていることから、活動を開始しています。
活動計画の概要
 土地所有者、活動団体、大学および市が一体となって豊かな自然とそこに生息している生物の保全のため、以下の取り組みを行っています。
  • 希少種をはじめとする動植物の生息・生育環境の保全に向けた取り組み(畦畔等の草刈り、水路の整備など)
  • 動植物の生育・生息の回復状況調査
  • 市民(地元住民を含む)向け自然観察会の実施
  • 就農希望者向けの技術指導(将来的な営農、水田耕作を通じた生物多様性保全)
活動の特徴
 営農活動を通じて、保全活動を実施することで、永続的な活動が見込まれるとともに、大学との連携により、保全活動の効果が明らかにできることが特徴です。
地域連携保全活動計画
計画の名称計画策定日計画に関するウェブサイト
 北区山田町の里地・里山における生物多様性保全活動
 平成28年3月
参画している主体
 棚田所有者、保全活動団体、大学等
組織している協議会
 里地・里山の保全推進協議会
活動の分類
  • 野生動植物の生息・生育の場の保護・保全
  • 環境教育、環境啓発活動、エコツーリズム
  • 生態系の状況を把握するための調査・研究
  • 良好な自然景観の形成
活動の場所
  神戸市北区山田町
参考写真
    
写真の提供:神戸市