HOME   | サイトマップ   |
21年度モニタリングサイト1000陸水域(湖沼)調査
「植生調査 ヨシ群落の定点撮影」の試行調査を実施しました

 滋賀県の琵琶湖において、モニタリングサイト1000陸水域(湖沼)調査の「植生調査」の一環として、「ヨシ群落の定点撮影」を試行的に実施しました。 調査は、平成21年8月1日~10月10日にかけて行いました。調査の実施に当たっては、琵琶湖水鳥・湿地センターの職員の方にご協力いただきました。
 この試行調査では、ヨシ群落の「健康診断」にとって重要な情報である発芽時期・出穂時期・開花時期を知ることが可能かどうかを調べました。
 連続撮影の画像から、調査地では、9月20日~23日にヨシが開花したことが分かりました。季節的におこる自然界の動植物が示す諸現象の時間的変化や、気候あるいは気象との関連を明らかにする学問分野を「フェノロジー」といいます。 今回実施した定点撮影の結果は、ヨシ群落のフェノロジーが気候変動などのバロメーターとして使える可能性を示すものでした。

湖沼調査サイト位置図
2009年9月19日
2009年9月19日

2009年9月19日

ヨシの穂は、たくさんの花(小穂・小花)の集まりです。この写真を拡大してみました。まだ開花していません。
2009年9月23日
2009年9月23日

2009年9月23日

小さな花が、たくさん開花してきました。拡大すると、このような感じです。
2009年10月3日
2009年10月3日

2009年10月3日

開花した花がさらに多くなり、白毛が目立つようになりました。
拡大写真です。
2009年10月10日
2009年10月10日

2009年10月10日

さらに時間が経過したヨシの穂です。熟すと、花ごと散り始めます。
拡大写真です。
撮影:植田 潤

特定非営利活動法人 日本国際湿地保全連合
環境省生物多様性センター
〒 403-0005 山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1
Tel:0555-72-6033
biodic_webmaster  @  env.go.jp
All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment. Powered by POOSNET