トップ > 日本の自然保護地域 > 国定公園 > 概要
日本の自然保護地域
八ヶ岳中信高原国定公園

 長野、山梨両県にわたる八ヶ岳と、蓼科高原、霧ヶ峰、美ヶ原などの成層火山や溶岩台地を主体とする公園です。
 八ヶ岳は赤岳(2,899m)を主峰とするフォッサマグナ中に噴出した成層火山の連峰で、ゆるやかな裾野(火山麓扇状地)を東西南の三方に拡げています。そこには、松原湖や白駒池などの小湖沼もあり、ゴルフ場、別荘などが点在しています。
 蓼科高原も避暑地、スケート場として利用されています。白樺湖はボート、スケート、キャンプなど、霧ヶ峰も溶岩からなる広々とした高原でハイキングが盛んです。美ヶ原はこの公園の北端に位置する溶岩台地で、北アルプスの絶好の展望地点となっています。
 この公園には夏沢、本沢、蓼科など温泉も多く、全体として格好のリゾートとなっています。
戻る
All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.