トップ > 日本の自然保護地域 > 国定公園 > 概要
日本の自然保護地域
丹沢大山国定公園
 神奈川県の北部を画する丹沢山地一帯を区域とする公園です。
 丹沢山地は東西24辧南北16劼砲よび、蛭ヶ岳(1,673m)を最高峰とし、丹沢山(1,567m)、塔ヶ岳(1,491m)、大山(1,252m)などが連なっています。最近の学説によれば、伊豆半島が本土に衝突した圧力で高まった山地だといわれております。
 地質は第三紀層と、それを貫く石英閃緑岩や第三紀層が変質した変成岩類からなり、それを被う森林は、山頂部に近づくとブナ林やハリモミ林が多くなります。また、そこに生息するニホンカモシカは手厚く保護されています。大山には大山阿夫利神社があり、古くから山岳宗教の盛んなところです。
 この公園は京浜地区に接しているので、登山、沢歩きなどに盛んに利用されています。
戻る
All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.