トップ > 日本の自然保護地域 > 国定公園 > 概要
日本の自然保護地域
明治の森箕面国定公園

 明治100年を記念して、東京の高尾山とともに指定された国定公園で、大阪近郊の箕面山と勝尾寺一帯を区域にしています。
 この一帯は丘陵性の山地で地質はおおむね古生層ですが、一部には花崗岩や石英閃緑岩が露出しています。
 箕面の滝付近はカエデ類が多く、新緑、紅葉の名所として古くから大阪市民に親しまれてきたところです。また、近くにはニホンザルの生息地もあります。勝尾寺は奈良時代からの古刹で、付近には開成皇子の墓など歴史的興味のある史跡があります。
 この箕面も東海自然歩道の起(終)点になっています。
戻る
All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.