ページの先頭


生物多様性 -Biodiversity-

生物多様性の恵み、そして進行する危機の状況について考えてみましょう

国連生物多様性の10年日本委員会

多様なセクターが連携しながら「生物多様性」に関わるさまざまなプロジェクトを推進します

もっと詳しく
地域連携促進法 HOME > 地域連携保全活動支援センターについて

地域連携保全活動支援センター

 地方公共団体は、各主体間における連携・協力の斡旋(あっせん)、必要な情報の提供や助言を行う拠点として、「地域連携保全活動支援センター」を設置するように努めることとしています。

 地域連携保全活動支援センターは、必ずしも新たに施設を作る必要はなく、既存の行政組織や連携しているNPOなどをセンターとして位置づけることや、インターネットによりサービスを提供することによってその機能を確保するなど様々な形態が考えられます。

地方公共団体の皆さまへ

 地域連携保全活動支援センターを開設されたら、以下のフォームにより登録をお願いします。

地域連携保全活動支援センターの設置状況

 地方公共団体が設置している地域連携保全活動支援センターについて紹介します。

地方公共団体名地域連携保全活動支援センターの名称
北海道
青森県
栃木県小山市
千葉県
長野県
愛知県
愛知県名古屋市
兵庫県
滋賀県
大阪府堺市
奈良県橿原市・高取町・明日香村
徳島県
愛媛県
生物多様性分野における企業との連携促進に関する都道府県窓口

 必ずしも支援センターではありませんが、全都道府県において、企業からの生物多様性関連の問合せに対応し連携促進を図る窓口を設定していただき、一覧表としてまとめています。ご活用ください。

  • 生物多様性分野における企業との連携促進に関する都道府県窓口一覧